ロマンを見せてくれ!『チ。―地球の運動について―』他

作品紹介

こんにちはwestroadです。

今回は熱いストーリー展開が魅力の作品をご紹介します。

次の展開が待てないくらいにのめり込む物語です。

魚豊(うおと)さんの2作品

チ。―地球の運動について―
ひゃくえむ。

チ。―地球の運動について―:どんな漫画?

チ。―地球の運動について― 全 7 冊

15世紀のヨーロッパを舞台に信念を燃やし続けた男たちの物語です。

神童と呼ばれた少年が地動説を唱える異端者と出会うことによって天文学の道に進む。そこは今では考えられないほどの苦難に満ちた世界。

真理を追究するということ、世界を敵にまわしても貫きたい美学、信じること。

それを乗り越えた者たちが新しい世界を築いていく。

バケモノみたいに面白い漫画です。

チ。―地球の運動について―:レビュー

ここに設定を置くのか!とんでもない作品が出てきたもんだ。
画風は進撃の巨人に似てる。線が細かく、まぁあんまし上手いとは言いづらい描画も多いものの、ほぼ気にならないくらいに話に惹き込まれる。そのくらい内容がよかった。
物語を動かす人物の言葉の造詣が深い。なるほど〜と言わざるを得ない考えに脱帽する。
1巻だけ見て辞めるっていう選択肢がない。
気の沙汰をやってのけた人達の上で
私は今この生活を得られているんだなぁ

物語で焦点が当たる人物はほとんどの場合、社会への疑問の想いを抑えて暮らしている。それが日常になっていて、処刑されるリスクがある中、わざわざ社会に疑問を持つのは愚かな選択だと重々承知している。

そんな日常から熱い気持ちが芽生えて膨れあがり、見えない境界を飛び超える瞬間が何度も描かれる。
その情熱はわたしの心にも火を点ける。

絶対に評価されてほしい特別な漫画。

作品の情報量の多さにビックリする。知識の無い、少なくとも私は読み込んで行くとのめり込み先を知りたくなった。

チ。―地球の運動について―:試し読みしてみる

地動説をベースにその時代を熱く生きた人たちを描いた漫画です。宗教、科学、道徳、人間の尊厳、信念などあらゆる人類の営みがマグマのように全体を駆け巡っています。

熱く生きた人間がバトンを繋いで今があるんだな、と感じることができました。

血が湧き立つような漫画を読みたい方には特におすすめですよ

『チ。-地球の運動について-』試し読みしてみる

ひゃくえむ。:100mに人生を懸ける物語

ひゃくえむ。 (全巻)

『ひゃくえむ。』も『チ。-地球の運動について-』の作者、魚豊(うおと)さんの作品です。

誰よりも100mを速く走るということに何があるというのか。

2人の登場人物を中心に人生を描きます。

走ることでしか自分と世界の折り合いがつかない不器用な才能と走ることを利用して上手く世を渡る才能が交差して、見たこともないストーリーが展開します。

面白いです。

それだけ。

全5巻で完結なので読みやすくていいですよ( ´∀` )

『ひゃくえむ。』試し読みしてみる

 

おすすめドロドロ漫画はこちらから

作品紹介
westroadをフォローする
漫画アニメゲーミングPC 厨二の部屋かよっ!
タイトルとURLをコピーしました